2016年08月16日

及川家(岩手県)


◆及川良吾
 父:
 母:
 妻:大島スケ(大島高任の長女)
   長男:及川古志郎
   男:及川昊郎
   男:及川隆郎
   五男:及川奥郎
   女:及川イソ(東京帝国大学助教授 山口吉郎の妻)

◆及川古志郎
1939年 海軍大将
1940年 海軍大臣(-1941年)
 父:及川良吾
 母:大島スケ(大島高任の長女)
 妻:駒嶺タカ(駒嶺忠順の長女)
   男:及川富士雄
   三男:及川三千雄

◆及川富士雄
 父:及川古志郎
 母:駒嶺タカ(駒嶺忠順の長女)

◆及川三千雄
 父:及川古志郎
 母:駒嶺タカ(駒嶺忠順の長女)


◆及川昊郎
 父:及川良吾
 母:大島スケ(大島高任の長女)


◆及川隆郎
 父:及川良吾
 母:大島スケ(大島高任の長女)
 妻:藤田和(藤田捨次郎の三女)


◆及川奥郎
東京天文台
 父:及川良吾
 母:大島スケ(大島高任の長女)
 妻:大矢アイ(大矢馬太郎の三女)
 妻:高木美枝(東京帝国大学名誉教授 高木貞治の二女)

   男:及川郁郎

◆及川郁郎
 父:及川奥郎
 母:


人事興信録 8版
人事興信録 13版


スポンサーリンク

posted by 閨閥博士 at 22:43| Comment(1) | TrackBack(0) | 家名(あ行) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして。シナリオを書く為にネタ探しをしている阿部と申します。

こちらのHPの及川三千雄氏とリンク先のマッターホルンで遭難した方と同じでしょうか?名前に特徴があるので、もしや同一人物ではないかとと思い、書き込みしました。
海軍大臣の子息なら、それなりのスポンサーを見つける事が出来たのかもしれません。
ネットでは当時の遭難記事もご本人の写真も見つける事は出来ませんでした。
******************************
http://www.afpbb.com/articles/-/3056722?cx_part=ycd

スイスの警察当局は6日、アルプス山脈(Swiss Alps)のマッターホルン(Matterhorn)で、1970年に遭難した日本人登山家2人の遺骨が、融解した氷の中から発見されたと発表した。
 スイス・バレー(Valais)州警察の声明によると、遺骨はマッターホルンの標高約2800メートル地点にある氷河で昨年9月に見つかった。DNA鑑定の結果、1970年8月18日に行方不明となった及川三千雄(Michio Oikawa)さん(当時22歳)と、小林正幸(Masayuki Kobayashi)さん(同21歳)のものであることが、在ジュネーブ(Geneva)日本領事事務所によって今年6~7月に確認されたという。
 バレー州警察には、州内で1925年以降に遭難した登山家全員のデータベースがある。アルプスでは、地球温暖化に伴う山岳氷河の融解に伴い、長く行方が分からなくなっていた登山家の遺骨が氷の中から発見されるケースが増えている。
 登山専門家によると、捜査・救出手段の進歩により、遭難者の行方が長期間分からないままという事例は年々減っているが、雪崩の場合には現在も起こり得るという。(c)AFP 2015年08月07日 12:11 
Posted by 阿部奏子 at 2017年06月16日 16:52
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック