2017年12月04日

有馬家(福岡県)


◆有馬頼咸
 久留米藩主
  父:
  母:
  妻:
    五男:有馬頼萬
    男:有馬頼之(有馬の養子)
    男:有馬頼多
    女:有馬頼子(小松宮彰仁親王の妻)

◆有馬頼萬
 1864年 誕生
 1884年 伯爵
 1927年 死去
  父:有馬頼咸
  母:
  妻:
    長男:有馬頼寧
  妻:戸田トヨ子(子爵 戸田忠友の娘)

    二男:有馬頼篤【安藤信昭】(子爵 安藤信篤の養子)
    三男:有馬正之【松田正之】(男爵 松田正久の養子)
    女:有馬禎子(伯爵 奥平昌恭の妻)
    女:有馬久米子(男爵 稲田昌植の妻)

◆有馬頼寧
 1884年 誕生
 1911年 農商務省(-1924年)
 1924年 衆議院議員(-1927年)
 1927年 伯爵襲爵
 1929年 貴族院議員(-1940年)
 1932年 農林政務次官(-1933年)
 1933年 産業組合中央金庫理事長(-1937年)
 1937年 農林大臣(-1939年)
 1939年 産業組合中央会会頭(-1940年)
 1940年 大政翼賛会事務総長(-1941年)
 1941年 帝国水産統制社長(-1945年)
 1955年 日本中央競馬会理事長(-1957年)
 1957年 死去
  父:有馬頼萬
  母:
  妻:貞子女王(北白川宮能久親王の二女)
    男:有馬頼春
    三男:有馬頼義
    長女:有馬静子(子爵 斎藤斉の妻)
    二女:有馬澄子(子爵 足利惇氏の妻)
    三女:
    四女:有馬正子(伯爵 亀井茲建の妻)

◆有馬頼春
 1907年 誕生
 横浜正金銀行
  父:有馬頼寧
  母:貞子女王(北白川宮能久親王の二女)

◆有馬頼義
 1918年 誕生
  父:有馬頼寧
  母:貞子女王(北白川宮能久親王の二女)



 スポンサーリンク

◆有馬頼多
 1876年 誕生
 1897年 男爵
  父:有馬頼咸
  母:
  妻:菊亭英子(侯爵 菊亭脩季の娘)
  妾:
    男:有馬正頼

    女:有馬誉子(新井高善の妻)
    女:有馬香子【柴田香子】(柴田米太郎の養子)
    女:有馬千賀子【今園千賀子】(男爵 今園国映の養子)

◆有馬正頼
 1903年 誕生
 1913年 男爵襲爵
  父:有馬頼多
  母:
  妻:水野明子(子爵 水野忠亮の三女)
    長男:有馬邦頼
    二男:有馬永頼

◆有馬邦頼
 1931年 誕生
  父:有馬正頼
  母:水野明子(子爵 水野忠亮の三女)

◆有馬永頼
 1933年 誕生
  父:有馬正頼
  母:水野明子(子爵 水野忠亮の三女)


 人事興信録 8版
 人事興信録 13版
 日本近現代人物履歴事典





 スポンサーリンク

スポンサーリンク

posted by 閨閥博士 at 23:29| Comment(1) | TrackBack(0) | 家名(あ行) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
有馬頼寧とその姉禎子の生母は先妻の岩倉恒子(寛子)になります。
Posted by at 2018年03月11日 18:37
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック